タンドリー風チキンと和風ポテトサラダ

タンドリー風チキンの献立

普段あまりヨーグルトを食べない私が最近気に入って食べているのが、岩手県産牛乳と生クリームを使ったもっちりおいしい「プレミアム湯田ヨーグルト」。ヨーグルトでもっちり?と疑問に思うところですが、食べてみると納得の表現。もっちりととろりの中間ぐらいが正確かもしれないとも思いつつ。

 

プレミアム湯田ヨーグルト
もっちり湯田ヨーグルト

 

娘に手だけ出演してもらいもっちりとろりを表現したかったのだけれど、私の技術がなさすぎてなんにも伝わらない写真ですがとりあえず載せる。もっともっともっちりとろりとしています。そして酸味はかなり薄くてこっくりした牛乳やクリームの甘みがありつつも後味はさっぱりしていて。
そんな絶品ヨーグルトをぜいたくにもタンドリー風チキンに使ってみました。

 

秋川牧園の若鶏もも、むねバラ凍結

 

秋川牧園の若鶏のももと胸肉が両方バラ凍結で1kg入ったお徳用パック。税抜き1,500円程度です。バラ凍結が便利だし、味もいい。臭みがなくておいしい鶏肉です。身に皮がついた状態の鶏肉が苦手(かりかり状態なら食べられる)なので、いつも皮だけはがして再冷凍(自己責任でお願いします)し、ある程度たまったら食べやすい大きさに切ってフライパンに入れてかりかりになるまでじっくりじっくり炒めて、小口ねぎとポン酢、七味唐辛子をかけたら最高のおつまみに。

 

秋川牧園の鶏肉でタンドリー風チキン

 

話がそれましたが、湯田ヨーグルトとカレー粉、塩、こしょう、少量のケチャップとてんさい糖、にんにくのすりおろしを混ぜた漬け地に鶏肉を3時間程度漬けて、オーブンで焼きました。
ヨーグルトのおかげでむね肉もしっとり柔らか、こどもでも大丈夫。私は八幡屋磯五郎の七味ガラムマサラをかけて大人味にしていただきました。

 

バターナッツかぼちゃのスープと八幡屋磯五郎のスパイスたち

 

友人にいただいた神戸の「肉料理かやま」というお店の「そぼマヨ」なる牛そぼろマヨネーズを使って和風ポテトサラダにしました。そのままディップ風に野菜につけて食べてもいいそう。ツナマヨみたいな感じでおにぎりに使ってもよさそう。残りはそれでいただいてみよう。

 

神戸かやまのそぼマヨ
そぼマヨのポテトサラダ

 

そぼマヨの味がしっかりしているので調味料はほかに塩、こしょうのみ。ヨーグルトと牛乳をいれて水分を調節して、仕上げに鰹節と小口ねぎをかけました。和風のポテトサラダにはかつおぶし、とっても合います。
あとはピーマンと平天を炒めて自家製かえしをじゃっとかけたものと前日の残りの豚汁に小口ねぎをたっぷり入れて。料理のテイストはばらばらだけれどおいしくいただきました。

タンドリー風チキンとトマト
和風ポテトサラダ
ピーマンと平天のきんぴら
ねぎたっぷり豚汁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。