辛み調味料への偏愛2 八幡屋磯五郎のBIRD EYE

八幡屋磯五郎のバードアイ

この夏、新しい辛み調味料を八幡屋磯五郎で購入し、使いまくっているのでご紹介。友人たちには七味ごま辣油をお土産の定番にしているし、家には磯五郎の各種スパイスが揃っていてもう磯五郎がないとだめだし、まわし者と呼ばれてもそれは名誉でしかなくて。

 

バターナッツかぼちゃのスープと八幡屋磯五郎のスパイスたち

 

《BIRD EYE(バードアイ)》は、その名の通り、小鳥の眼のような小粒の唐辛子でありながら、辛さは当店の《一味》の3倍以上にもなります。キレのある小気味よい辛さが人気です。

八幡屋礒五郎 BIRD EYE 12g 缶入り 550円(税抜)

一味の3倍?!に猛烈に興味が湧き購入。以前は国産のバードアイだったようだけれど、現在はジンバブエ産。

 

八幡屋磯五郎のバードアイと七味ガラムマサラの色

 

一味と比べたらよかったのについそのとき食卓に出ていた七味ガラムマサラと比べてしまいました。バードアイが左側です。赤じゃなくオレンジ色。ちなみに七味ガラムマサラと一味は粒の大きさは違うものの似たような赤系の色合いでした。
一振りで爽やかな辛さ。酸味も少し感じるような。確かに一味より辛いけれど爽快感があるので、レモンやガーリックやオイル、ほかのスパイスとも合いそう。どちらかといえば和食以外のものと相性が良さそうです。すごく気に入ったのでリピートしよう。辛み好きの友人に先月の鍋島会で紹介したところめちゃくちゃ気に入っていたのでまた買ってこないと。
一味の辛さでは物足りない、という方には全力でおすすめします!逆にこうなるともう一味は買わなくてもよいかもなあ。

 

七味ガラムマサラとカレーチャーハン

 

去年の夏に初めて購入した七味ガラムマサラはすっかり定番となりリピート購入中。上はカレーチャーハンにかけたもの。これ、ほんとによくできたスパイスで(何様?)ガラムマサラが勝ちすぎることがなくいろいろな風味が混ざり合っているので使いやすいと思います。カレーやチャーハンもちろん焼き鳥、フライドポテト、唐揚げ、生姜焼き、スープなど。

そして過去にご紹介したシラチャーソースの使い方で最近の一番のヒットがこちら、タコス!

辛み調味料への偏愛 レモスコとシラチャーソース

 

ローストビーフのタコス

 

よく考えたらアメリカのタコス屋さんにはシラチャーソースが置いてあるのだから合わないはずがない、というかむしろタコスにはシラチャーソースぐらいの相性だったんですね…。うっかりしていました。市販の全粒粉トルティーヤ(業務スーパーのスペイン産かなにかの冷凍品、すごく安い)をカリもちに焼いて、安い国産牛ももかたまりをローストビーフにして、野菜やチーズ、小口ねぎ、ガーリップチップをのせてローストビーフのソースとシラチャーソースをかけてくるっと巻いて大きな口でがぶり。最高です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。