2019年4月 淡路島1泊2日

淡路島の海上にかかった虹

春休み、うちに泊まりにきていた妹と姪と一緒に淡路島へ行ってきました。毎年のように遊びに行っていた淡路島。娘がうまれてからはそうはいかず、2年半ぶりの旅になりました。

今回のお宿は初めましてのホテルニューアワジグループの島花です。そういえば洲本市に泊まること自体初めて。海のホテル、とあるだけに眺めは抜群でした。

 

淡路島・島花ベッド
淡路島・島花の客室応接
淡路島・島花の客室水回り

 

スタンダードルーム37㎡、定員3名のお部屋でセミダブル+ソファベッド。5階のオーシャンビューのお部屋でした。バルコニーが広々としていて海がよく見えるので狭さは感じずゆったりと過ごせました。島花はニューアワジグループの中でも最もお手軽な価格帯のホテルですが、アメニティやタオルも一式揃っていたし、こども用グッズ(おむつペールやソープ&シャンプー、バンボなど数量限定で)もフロントで借りられ、キッズルームもあります。
今回なぜニューアワジ系列にしたかというと、やはり子連れやファミリーに優しく、大手ならではの行き届いたサービスがあるから。最もよかったのが、系列ホテルの湯めぐりができること!お部屋の浴衣を着てかごを持って小型ボートや送迎車で系列ホテルのお風呂へ追加料金なしで入浴できます。タオルは各お風呂にちゃんとあるので持参しないでいいし、湯上りのお茶もお風呂によって種類が違うこだわり。時間が足りずすべて回り切れなかったのが心残りです。あわじ夢泉景のお風呂、インフィニティープールのようなつくりで素晴らしかったなあ。

 

淡路島・島花のこども用浴衣

 

娘と姪はともに添い寝で浴衣は付属していませんので、1着600円(税抜)でお借りしました。サイズは80cm程度ぐらいからご用意があり、1歳9か月の姪っこも無事着ることができました。やっぱりこどもも大人と同じように浴衣が着たいもんね。とても喜んでいました。

 

まだまだじっとしていられないこどもがいるし夕食は外で気楽にとろうということで、ホテルから徒歩で行ける「ちはる」という焼肉屋さんを予約していました。こちらがまた当たりのお店で、ファミリーにありがたい畳敷きにふすまで仕切られた個室のつくり。お肉も1人前の量がしっかりとボリュームがありおいしくて大満足の夕食となりました。

 

淡路島・焼肉ちはるのタン
淡路島・焼肉ちはるのハラミなど

 

私はもっぱらハラミ専門なのでハラミは4人前、ほかは各々食べたいものを1~2人前ずつ頼みました。どもお肉もほぼ1人前1000円以下だったかと。うちの近所で食べる焼肉より価格もずっと安くて臭みもなくおいしかったです。タンやロースも美味でした。たれはあっさりとして甘さ控えめ。私たちは18時に予約していてほぼ満席になっていたので予約必須です。2回転はしなさそうな雰囲気だったので早めの時間帯に予約されるのがいいかと。

 

淡路島・島花の展望風呂からの眺め
淡路島・島花の露天風呂

 

翌日は展望浴室へ朝風呂に。ほかに誰もいらっしゃらなくて貸し切り状態でした。6階にあるこのお風呂は、広さはそれほどではないけれど、とびきりの景観を楽しめます。朝風呂にして正解でした。
朝食ビュッフェは特筆すべきメニューはなかったもののゆったりといただけました。なにより淡路島には美味しいものがたくさんあるので、朝ごはんであまり満腹になりすぎないほうが逆にいいのかも。

今回の「島花に宿泊して湯めぐり、ちはるでの夕食」というコース、すごくよかったです。夏は混みそうだけどこどもは海にプールにとさらに楽しいだろうなあ。ちなみに、翌日は洲本市街地にあるJAの産直やフローラルアイランドに寄りながら北へ向かい、明石海峡公園で遊んで帰りました。子連れ1泊旅行におすすめのコースです。
買ってきたものはまた別記事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。