チンジャオロースーと油淋鶏

青椒肉絲と油淋鶏の献立

母から茹でたけのこのお裾分け。ちょうど冷蔵庫に赤と緑のピーマンがあったので、チンジャオロースーにしてみました。

チンジャオロースーと入力するだけで青椒肉絲と変換されるぐらい一般的な料理名だけれど、青椒肉絲とは豚肉のことで、牛肉を使うときは青椒牛肉絲と表記するらしいです。私、今までチンジャオロースーって牛肉だと思っていたので(外食であまり頼むこともなかった)、豚肉を使うとは初めて知りました…
今回は先日の焼肉で余った牛バラがあったので牛肉のチンジャオロースー。お店みたいにすべての大きさを揃えて切るって本当に難しい。

 

青椒肉絲
油淋鶏

 

産直のお店で「大山がいなどり」のもも肉を買いました。普段もも肉をあまり買わない自分が惹かれるぐらい色つやがよくて身がしまっていて見るからにおいしそうなお肉でした。5人いるので鶏もも1枚をどう料理するか迷ったけれど、中華献立に合わせてユーリンチーに。皮は外して別に使うとして、しょうゆと酒とにんにく、しょうがを染み込ませたお肉を片栗粉を付けてからっと揚げ、薬味たっぷりの甘酢をかけていただいたら、手前味噌だけれどどってもおいしかったです。鶏肉がジューシーで柔らかく、2歳児もぱくぱく食べていました。また買いたいな。

 

きんぴらごぼう

 

前日の残りのきんぴらごぼう。中華料理で揃えたかった…

チンジャオロースー
ユーリンチー
きんぴらごぼう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。