島之内 一陽

島之内 一陽のお造り盛り合わせ

文楽鑑賞後、友人おすすめの割烹「島之内 一陽」へ行って参りました。
和食がベースでアレンジ料理もあり、何をいただいてもおいしいと聞いていたのでとても楽しみで。

文楽2部終了が20時半頃になる予定だったので、お席が空き次第ご連絡をいただくということで時間をつぶしていたらほどなく電話が入りお店へ向かいました。
文楽劇場から徒歩で行けます。
落ち着いた雰囲気のお店ですが堅苦しくなく、お店の方々も親切で居心地がいいです。
2人なのに半個室の座敷に通していただけて、友人と2人、飲んで食べてしゃべりまくっていたら終電を逃して(というか2人ともはなから電車で帰る気がなかった)タクシーを呼んでいただき、帰宅。
遠足みたいに、家に帰るまで全てが楽しかったなあ。

 

島之内 一陽のメニュー

 

食べたいものを並べたらこんな感じになるだろうなあという完璧なメニューブック。
めちゃくちゃ悩みました。
幸せな悩みです。

 

島之内 一陽のお通し

 

お突き出しは春雨といかの酢味噌和え、なのですが、もうこれだけで期待どおり、期待以上のお店だと分かる丁寧な仕事のなされたお料理。
アクセントのピンクペッパーが効いています。

 

早瀬浦

 

お造り盛り合わせに合うお酒を、というリクエストで出していただいた福井のお酒、「早瀬浦」。
香りよく後味さっぱり、お造りが届く前に飲み切ってしまいそうになりました。
お造りは、鯛、鯵、寒ぶり、ごまあら、寒鯖のきずし、甘海老のうに醤油、よこわのたたき。
鮮度抜群でおいしいお刺身です。

 

島之内 一陽のうなぎの白焼き

 

大好きな鰻!
脂ののった天然の鰻の白焼きです。
たれで食べる鰻もおいしくて好きだけれど、私はやっぱり白焼きが好き。
皮と身の食感のコントラストと鰻ならではの旨味。
鰻屋さんではないのにあんなにおいしい鰻をいただけるなんて感激でした。
山葵と海苔が相性ぴったりです。

 

島之内 一陽の蟹とかぶ

これまた大好きなずわい蟹は、蕪と合わせてとろみのある煮物になっていました。
味噌がたっぷりで最高に贅沢でおいしいです。
蟹の味が引き立つやさしい風味のお出汁。

 

島之内 一陽の白子ぽん酢
島之内 一陽の子持ち昆布

見た目で新鮮さが分かるたら白子ポン酢。
このぷっくりつやつや具合!
まったりとクリーミーで臭みなんて一切なく。
なかなか食べる機会がない子持ち昆布もいただきました。
お酒は日本酒からスタートして白ワインボトルを飲み切り、また日本酒に戻り、最後は赤ワイングラスで〆。

ほかにも牛タンのコロッケや茶そば、赤出汁のお味噌汁をいただきました。
友人が言っていたとおりどれもこれもおいしくて、繊細な味付けと丁寧なお仕事、食材の鮮度と組み合わせ方が抜群だなと思います。
予約困難になるのが納得のいいお店でした。
今回は品切れで食べられなかった牡蠣のお料理やドライカレー、お肉料理も食べたいなあ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。