2024年3月 小国・黒川温泉【湯峡の響き 優彩】ロビー・お部屋

熊本・黒川温泉「湯峡の響き 優彩」のロビーのくまモン

湯めぐり手形で有名な黒川温泉へ行ってきました。

黒川温泉公式サイト | 熊本・阿蘇の温泉地

電車で行くにも不便、高速道路からも遠い、というなかなかな場所にあるのに、国内はもとより外国からの旅行客の方がとても多く、湯めぐりや街歩きを楽しまれていた。
そして、さびれたお宿が一つもないのは、30軒あるお宿と里山の風景全体をひとつの旅館「黒川一旅館」として考える、という、温泉街全体の一体感ならではなのだろうと体感できる、素敵な温泉地でした。


ランチ後、温泉街に到着する頃には大雨になり、街歩きどころか楽しみにしていた湯あかり(川沿いに竹のライトが灯る季節限定のイベント)も、宿泊先の施設の天文台での星空観察もできなかったのがとても残念だったけれど、翌日は前日のお天気が嘘のような晴天。挽回できてよかった。

湯峡の響き 優彩

公式サイト 黒川温泉 湯峡の響き 優彩【公式】

熊本県阿蘇郡南小国町満願寺北黒川6554-1

050-3613-3567

熊本・黒川温泉「湯峡の響き 優彩」の外観

気軽なビュッフェ、6人全員で泊れる部屋がある、温泉街に近い、なるべくリーズナブル、
という希望を満たしてくれた「湯峡の響き 優彩」というお宿に泊まりました。
チェックインの時間より早く着いたのにスタッフの方がお出迎えしてくださり(バレーパーキングだった)、預けた荷物もお部屋に運んでくださるという親切さ、やんちゃざかりの子連れにはありがたい。
そして、時間が早かったからか、広々としてかっこいいロビーをひと家族じめ!

熊本・黒川温泉「湯峡の響き 優彩」のロビー1

熊本・黒川温泉「湯峡の響き 優彩」のロビー2

熊本・黒川温泉「湯峡の響き 優彩」のウェルカムサービス

チェックイン時間を過ぎると、ウェルカムサービスとして、甘酒やコーヒー、ジュース、お菓子をロビーでいただくことができました。
川沿いの風景を眺めたり、ライブラリーの蔵書を読んだりしながらゆったりと過ごせます。
ちなみに、珍しいなと思ったのが、館内にお土産物屋さん等のショップがないこと。
温泉街にはチェーン店のコンビニやスーパーはないので(該当するお店はあります)、必要であればお宿へ来る前に買い出しを済ませておくのがベストかと。

お部屋は本館の和洋室、約16畳。
建物や内装自体の古さはあるけれど、2間続きで広々としていて過ごしやすいお部屋でした。ツインシンクの洗面があるのも便利。
そして、2階ということもあり渓流が近く、天然のBGM効果が。雨で水量が多かったのもあるだろうけれど、窓を閉めていても聞こえるぐらいだったので、静かでないと寝られない、という方は少し厳しいかも?

温泉には3度入りました。今まで温泉で肌がもちもちに、というような効果はあまり感じたことがなかったのに、肌質にあったのかとてもよかった!
館内に温泉がいくつもあるおかげか、込み合うことなくゆったり入れて最高でした。
日本の主な泉質10種のうち、黒川温泉には7種が湧出しているということで、宿ごとに異なる温泉を楽しめるのが大きな魅力。湯めぐりが楽しいのも納得です。
優彩の温泉の泉質は「塩化物泉・硫酸塩泉」というものだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です