2017年8月 ハワイ島7泊9日 購入品とおすすめの持参品

ハワイ島で買った蜂蜜など

旅行に行かれた方が買われたもののリストを見るの、大好き。
なので、私もハワイ島で買ってきたものと、子連れ旅におすすめの持参品をご紹介したいと思います。
熱く語ってしまったので、今回は長文です。

まずは食品。

蜂蜜はワイメアで買った「AHA HONEY HOUSE」のものを2種。
小さいもの(写真中央のもの)は、密封に見せかけて完全に密封じゃないので、持ち帰る際にはジップロックに入れたほうがいいです。
右上のゴールドの蓋の蜂蜜はワイメアのマーケットでしか見かけなかったなあ。
小さいもののシリーズ(サイズ違い)は、ワイコロアでもオーガニックショップでも販売されていました。

オアフ島でも購入できる「BIG ISLAND BEES」の蜂蜜は、オヒアレフアにしました。
その上の黒いキャップの蜂蜜もハワイ島産で、お値段もお手頃だったので、
おみやげ用に購入。

ゴールドキャップの蜂蜜の右隣の缶は、中にマカデミアナッツのスノーボールクッキーが入っています。
缶がめちゃくちゃ素敵で買ってしまったもの。
この3種類はロスで。

黒キャップの隣のくまの蜂蜜はオアフ島産だったけれど安かったので、おみやげが足りなかったとき用に買いました。
(いつも考えて買っているはずなのに足りなくなるおみやげあるある)
ちなみにこれはケアウホウの「Long’s Drugs」にて。

あとはスーパーで買ったカウコーヒーとチョコレート。
ゴディバはスーパーよりセブンイレブンのほうが安くてびっくり。
おみやげ用、自分たち用にたくさん買いました。

 

ハワイ島のロスドレスフォーレスで買ったもの

 

上の写真はすべてロスにて買ったものです。
ギラデリのクッキーはかさばるけれどすごく安かったので、
($3しなかったような)
ついつい買ってしまいました。
お塩や胡椒のような調味料もあったりして、いつもチェックします。
アメリカならではのホームデコレーションコーナーも楽しくて、日本にはなかなかない素敵なものが安いのでおすすめです。
クッションは柄と色合いにひかれて買いました。
これも安くて$10しなかったと。
カバーは取り外しできないけれど、安いので十分です。
パイナップルのボウルは、ほかのおみやげもの屋さんにもあったけれど、やっぱりロスが安かった。
おみやげも十分ロスでまかなえます。

 

ハワイ島のロスドレスフォーレスで買った赤ちゃんの服

 

姪っ子へのおみやげに子供服を買いました。
色といい柄といいとっても好みでかわいいです。
こちらもロスで。
もうロスなしではやっていけません。

あと、写真には撮っていませんが、子ども用に小さいキャリーを買いました。
スーツケース類は、有名ブランドはないですが安くて品揃えもいいので、もし荷物が増えてしまったときにはちょうどいいかなと思います。
ワイキキのロスは回転が速いのか、お客様が圧倒的に多いのか、いいものを見つけるのがなかなか大変だけれど、カイルア・コナのロスはそれほど苦労せずに見つけることができたように思います。
少し時間の余裕をもって行ってみてください。

 

ハワイ島で買ったコスメなど

 

パッケージがかわいい石けんや「BURT’S BEES」のキューティクルクリーム、フットクリーム、「Tom’s」の歯磨き粉は「Long’s Drugs」、
「OXO」の小さい泡だて器は「Target」、残りのオーガニックコスメと海のポストカードは「Island Naturals Market and Deli」、ひとで柄のバッグとホヌの置物は、ワイコロアの「Whalers General Store」
で購入しました。

ロングスはextra care card(メンバーズカード)をレジで即発行してもらえるので、つくったほうが断然お得です。
レジのお姉さんに名前、電話番号、メールアドレス、ぐらいを伝えてつくってもらいました。

ロングスでもおみやげになりそうなものはたくさんあって、いつも迷います。
定番のハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコの箱入りは、まとめ買いでロングスが一番安かったです。

バーツビーのこのキューティクルクリームは友人が愛用していて、レモンの香りがとてもさわやかで気に入っています。
おみやげにもぴったり。
フットクリームはかかとのがさがさをしっとりとしてくれるもの。
夏はほとんど毎日素足とサンダルの私には欠かせない1本。

オクソーのキッチングッズは、アメリカメイドで日本より安いため、何かしら買います。
小さい泡だて器、めちゃくちゃ便利だった!
買ってよかったです。
この時は買わなかったけれど、マイクロプレインのグラインダー(おろし器)もよくおみやげにします。
日本で買うと¥3,000ぐらいしますが、アメリカでは$10台で買えます。

 

イルカと亀のぬいぐるみ

 

娘用に買ったもの。
ロスでイルカのぬいぐるみとホヌのトランプ、
ワイコロアの「SoHa Living」でホヌのぬいぐるみを買いました。
娘、ぬいぐるみが大好きなのでどんどん増えていきます…。

このホヌのぬいぐるみでショックなことがありました。
確か$25以上して、高いなあと思いつつ、1つは買ってあげる約束をしていたし、私もかわいくて気に入ったので買ったところ、ほんの数メートルしか離れていないアイランドグルメで$10ぐらい安く売られているのを発見!
ソーハリビングは素敵な雑貨がたくさんあって、どれも魅力的で、本当はクッションカバーも買おうと思っていたのです。
でもこの価格差のことで一気にテンションが下がってしまい、全体的な値段の高さも気になって、結局何も買わずに終わりました。
でもロスや他のお店で安くてお気に入りを買えたので、結果として満足な買い物になったのだけれど。

ソーハリビングで動物のぬいぐるみを買われる際は、ぜひアイランドグルメや他のお店もチェックしてみてください。

 

ハワイ等で買った絵と置物

 

ホヌの置物とポストカード、こんな感じで飾っています。

さて、ハワイ島のコンド生活で役立ったものいろいろリスト。

・ラップ
・割りばし
・輪ゴム
・調味料(塩、醤油、オリーブオイル、シーズニングソルト)
・そうめん
・100均のざる
・めんつゆ
・出汁パック
・ヒガシマルのうどんスープ
・お味噌汁のもと(フリーズドライが特に美味でした)
・サトウのごはん
・ふりかけ
・お茶漬けのもと
・酔い止め薬
・手口ふきとりナップ、除菌ナップ
・手桶
・布(パレオみたいな薄い布、冷房除け、敷物に)

サトウのごはんを全食事分買っていくのは重さ的に無理があるので、現地でもお米を買って炊いていました。
向こうの炊飯ジャーはかなり古いタイプで、おいしいお米でもそこそこの味にしかならないので、ふりかけもあったほうが子どもは喜びます。

で、炊いたお米をそのまま器に盛ると、日本のお茶碗と違ってすごくくっつきます。
そこでラップの出番です。
ラップを敷いてごはんを盛ると、洗い物がすごく楽。

そうめんはすぐ茹で上がるのがなにより便利です。
うどんを持って行ったこともあるけれど、やっぱり茹で時間が長いので。
お出汁を温かくするとおつゆがわりににゅう麺にもできて、あったかいものを食べたくなるときにちょうどいい。

あとは酔い止め薬と、入浴時に使う手桶。
私がいつも旅行に持参するのはEVA素材の軽い手桶です。
かさばるけれど、逆に中に割れ物を入れてスーツケースに入れられるし、おもちゃにもなる。
今は折り畳みできる手桶が出ているので、もっと便利。
とりあえず、向こうのシャワーは可動式ではないので、子どもとの旅行の際は手桶があると便利です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。