【レシピ】コストコの冷凍エビでアボカド海老マヨネーズ和え

コストコの冷凍エビでアボカド海老マヨ

海老が好きです。でも海老ってなかなかに高価な食材だし、おなかいっぱいになるわけでもないので、頻繁には買えない。
最近食べていなかったし久しぶりに思い切りたくさん海老が食べたくなって、コストコのオリジナル商品、カークランドシグネチャーの冷凍エビを買いました。

カークランドシグネチャーの冷凍エビについて

 

コストコ、カークランドの尾あり冷凍エビ

 

カークランドの冷凍エビは、生(Raw)か調理済み(Cooked)、尾あり(Tail-On)、尾なし(Tail-Off)、サイズ(1パウンドあたりの内容量)によって計6種類があります。
お値段は908gでおよそ1,600円から2,000円程度。
原産国はタイ、原材料は海老と食塩。

今回私が買ったのは生、尾あり、31-40(1パウンドあたりの数量)で1,698円、生エビ3種の中で真ん中のサイズのものです。1袋にだいたい60~80尾程度入っていることになります。ちなみに調理済みエビは蒸しエビのことだそう。

●check_redNo Preservatives(保存料無添加)
●check_redChemical-Free(化学薬品無添加)
●check_redPeeled(皮むき済)
●check_redDeveined(背わた除去済)

お値段の安さに加え、この4点がセールスポイント。

コストコの冷凍エビでアボカド海老マヨネーズ和え

材料(4人分)

カークランドの冷凍エビ(生尾あり30-41) 約450g(今回は30尾、写真の量)
アボカド 2個
マヨネーズ 大さじ3
ケチャップ 大さじ1
てんさい糖 小さじ1
レモン汁 大さじ1
塩、こしょう、酒
片栗粉

作り方

1.冷凍エビを解凍し、下処理をする

冷蔵庫へ入れて一晩解凍、または水を入れたボールに5分ほど置いて解凍、がパッケージ記載のおすすめ解凍方法なのですが、今回はそれを完全に無視し、凍ったまま沸いたお湯に酒を入れ、ごく軽く火を通しました。
背わたは除去されていますが、私はどうしても腹わた部分も気になってしまうため(味というか見た目に)そちらも取りました。今回何も考えず尾ありにしたので、尾も取りました。

2.調味料を合わせ、アボカドをカットする

マヨネーズ、ケチャップ、てんさい糖、レモン汁、塩、こしょうを合わせておく。アボカドはカットし、レモン汁があればまぶしておく。

 

下茹でした冷凍エビ

 

下茹でして尾を外したら350gほどになりました。

3.エビに片栗粉をまぶし、焼く

 

コストコの冷凍エビ焼く前
コストコの冷凍エビ焼き上がり

 

上が火通し前、下が焼き上がり。塩、こしょうしたエビに片栗粉をまぶし、油をひいたフライパンで焼きます。火通りが分かりにくければひとつ取り出してカットしてみて、真ん中まで火が通っていたら大丈夫。

4.焼いたエビと調味料、アボカドを和える

ボウルに焼いたエビとアボカドを入れ、合わせておいた調味料でさっくりと和えてできあがり。
あれば小口ねぎを散らします。

 

たっぷり食べたくて大量に作りましたが、この半分量でもおかずとして十分だと思います。アボカドのかわりに茹でアスパラやブロッコリーなど、マヨネーズに合う野菜を入れてもおいしいです。

 

アボカド海老マヨの献立

 

そうそう、メキシコ産のアスパラガス、食べてみましたが、個人的にはオーストラリア産のほうがよかったなあ。なんだか足が早い気がする。そして独特のえぐみのようなものを感じてしまいました。今回たまたまかもしれないので、もう一度だけ買ってみようかな。
献立は、エビマヨとアスパラガス(例のメキシコ産)とコーンビーフのチャーハン、まるごと新玉ねぎのスープでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。