東心斎橋 おおさか料理 浅井

おおさか料理浅井の夏野菜の炊き合わせ

久しぶりに友人たちとディナーに行って参りました。お店は東心斎橋の「おおさか料理 浅井」さん。とにかくメニュー数に圧倒されると友人から聞いていたので、どんなお店だろうとわくわく。以下写真多めでお送りします。

 

おおさか料理浅井のおつき出し

 

まずは先付け。の前に完璧に注がれた琥珀エビスをいただきつつメニューを眺めました。想像以上にメニューが多くてとても写真1枚に入りきらず撮影は断念。冷えたビールと先付けをいただきながらお料理を選ぶ時間、至福。こういう時間が欲しかったんだなあとしみじみした。
野菜とお魚の和えもの、トマトの寒天寄せ、小鯵の南蛮漬け。南蛮漬けに目がない私、絶妙な酸味とお出汁の加減に、これだけで今後の期待がむくむく膨らんでゆきます。

 

おおさか料理浅井のお造り

 

お造りだけでたくさんあって選べないので、その日のおすすめの魚を一切れずつ盛っていただくことに。のど黒と鱧の焼き霜が絶品でした。鱧は湯引きよりも焼き霜だな…

お造りの次は夏野菜の炊き合わせの冷やし鉢。トップ写真のお料理です。素材ごとに炊いたものを合わせてお出汁のジュレをかけた冷やし鉢。やさしいお出汁の風味と野菜の味わいのバランスがよくて、すだちの香りが爽やかで、もうずっと食べていたかった。こういうお料理が心から好き。

 

おおさか料理浅井の蓮根まんじゅう

 

人気の品とのことで蓮根まんじゅう。しっかり練り上げられた蓮根とみじん切りの蓮根が合わさっていて食感がよく、中には海老がごろっと。これは人気があるのが分かります。だってきっと嫌いな人いないと思うもの。このあんはしっかり目の味付けになっていて揚げ物にぴったりでした。

 

おおさか料理浅井の水茄子のグラタン

 

違うテイストのものも食べてみようということで、水茄子のグラタン雲丹のせ。ホワイトソースとチーズが濃すぎず雲丹に合う。水茄子は普段から食べるけれどこんなふうにグラタンにしたことがなかったので新鮮でした。水分が邪魔するかと思うとそんなこともなく。一度揚げてあるようだったけれど、そもそも茄子をおいしく揚げるのが難しいんだよなあ。

 

おおさか料理浅井のサービスのトマト

 

もりもり食べて飲む私たちにサービスでトマトの田楽。これ、バジルのお味噌なんです。お味噌とバジルは合わせたことがなかったので、相性の良さに驚きました。これは作ってみたい。

 

おおさか料理浅井の夏野菜の天ぷら

 

撮影用に動かしていたらおくらが転がってしまった。夏野菜ときすの天ぷらです。やっぱり天ぷらは外せないねということで。

 

おおさか料理浅井の河内鴨の黒胡椒焼き

お肉の前にきんきの塩焼きもいただいて、河内鴨の黒胡椒焼き。河内鴨、久しぶりにいただいたけれどやっぱりおいしいな。海外産の合鴨で塩胡椒だけで焼いてみてもあんな味わいになるのかな、今度試してみたい。

 

おおさか料理浅井の納豆雑炊

 

〆は珍しい納豆雑炊。納豆はひきわり状に細かく切られていて、きっと丁寧に洗われていると思う。なので納豆臭さはなく、でも納豆の香りはあって、という絶妙な加減。とてもおいしくて、納豆も雑炊も大好きな娘に食べさせてあげたいなあとしんみりしてしまった。たくさん食べているのにぺろりと完食です。

 

おおさか料理浅井の酒器とメニュー
おおさか料理浅井の酒器

 

お酒は琥珀エビスの後、楯野川、男山、三諸杉、白(イタリアのカタラット、ものすごくおいしかった!)、赤を。この酒器があまりに美しく繊細なつくりできっとお高いにちがいないと思い訊ねてみたらびっくりのお値段で、3人で絶対に手元を狂わさないようにしようと言い合いました、笑。あんなに高いグラスでお酒をいただいたこと、初めて。
器も盛り付けもどれも美しくて舌も目も楽しめるお料理の数々。広くてきれいな厨房にはたくさんの料理人さんたちがきびきび仕事をなさっていて、でもぎすぎすした雰囲気はなく、提供されるスピードも素晴らしかった。料理人さんの仕事ぶりを目の前にできるカウンター席で、料理長さんも気さくにお料理の説明をしてくださったりと、居心地もよかったです。
メニューにお値段が書いていないので少々不安になりますが、お料理10品とお酒をたっぷりいただいて1人15,000円ほどでした。冬のお料理もいただいてみたいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。