2021年10月 リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンの外観1

ようやく宣言も明けたということで、娘の運動会翌日の代休に久しぶりに遊びに行こうと前日に1泊、翌日パークイン、という計画を立てていました。
が、同じような考えの方々が当然たくさんいらっしゃるわけで、USJの前売りチケットは完売。
どのみちハロウィーンでパーク内も混むだろうし、娘はパーク外のショップで買い物ができたら十分、ということで、早々に予定変更、ホテルステイを楽しむことに。

リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

ホテル外観、エントランスホール

USJのオフィシャルホテルは8つあるけれど、このたび宿泊した「リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」だけは、JRユニバーサルシティ駅ではなく一駅先の桜島駅にあります。

【公式】リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

桜島駅の目の前がホテルなので、電車で行かれる方もアクセス抜群。
ちなみに駐車料金は、12時から翌12時まで1泊2,500円、以降30分300円。
駐車料金がサービスになる宿泊プランもあります。

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンのエントランスホール
リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンのエントランスホールの花

広々としたエントランスホール。
秋の花々をふんだんに使った立派なアレンジメントが飾られていました。
エントランスのお花って大事だと思う(造花だったりするとがっかりする)
オフィシャルホテルの中でも一番新しい2019年11月オープンなので、どこもきれいで清潔感があります。

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンのショップ

ホール入って右手奥にはパークグッズを取り扱う「ユニバーサル・スタジオ・ストア」が。
USJオリジナルのお菓子からばらまき用のお土産、大阪土産やホテルステイで必要になりそうな衛生用品なども少しありました。
ホテルから徒歩数分にセブンイレブンもあるので便利。

客室の設備など

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンの客室1
リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンの客室2

パークビューのスーペリアツインを予約しました。
広さは33㎡。14階のお部屋でした。
エキストラベッドを1台追加しているので、通常窓の前に置かれているソファとテーブルがサイドに移動されています。
2名なら十分な広さだと思う。
シンプルモダンな内装の客室で落ち着く。

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンの客室の洗面ルーム
リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンの客室のバスルーム

水回りはこんな感じ。
ひとつ難点があるとしたら、トイレ内に手洗いがないので、都度となりの洗面ルームへ行かないといけないこと。
お風呂も広々としていて、夕食後、コンビニで買ってきた入浴剤を入れて一人でゆっくりと入ってみたところ、シャワーの水圧も素晴らしく。
これは海外の方は大満足しそう。

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンの客室のアメニティ
リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンの客室のパネル

このホテルにした理由のひとつが、広々とした天然温泉のスパがあること。
スパ内も脱衣スペースもとてもゆったり広くて清潔で、夜と朝の2回入りました。
女性用の化粧水と乳液は雪肌精、パウダーコーナーの数も多くて、時期のせいもあるだろうけれど、本当に快適なバスタイムを過ごせました。

タオルはスパにあるので持参しなくてもいいけれど、何か持参したいときにはこの巾着を使うよう。
そしてベッドサイドに埋め込み設置されているパネルで、レストランやスパの混雑状況が分かるようになっています。

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンの客室からの景色

客室からの景色はこんな感じ。
パークビューですがホテル自体が横長に大きい建物なのでパーク端っこビューという眺めでした。
でもパークの様子は分かるので気分は上がる。

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンのジェラート

館内には、1Fに「Cafe&Bar “LIBER”」(カフェ&バル リーベル)と、3Fに「Dining “BRICKSIDE”」(ダイニング ブリックサイド)の2つのレストランがあります。
1Fのカフェでジェラートをテイクアウトできるので、買ってきてお部屋でいただきました。
シングル450円、プレミアムテイストという、季節限定のフレーバー(このときは栗でした)やピスタチオは100円から200円のお値段がアップします。
私はピスタチオで550円、娘は苺で450円。
アジア初のジェラート世界チャンピオンのシェフ監修のこだわりジェラートだそうで、さすがのおいしさ。
8月末から私事でいろいろあって疲れ切っていたので、自分への慰労としてシャンパーニュを持参。
グラスはフロントに電話をしてお借りしました、が、せっかくならフルートグラスをお借りすればよかった。

冷蔵庫は小さめタイプなので、ワインボトルは縦には入らず斜めにして入れました。
フリーのお水が1人1本ずつあります。
お部屋に入ってすぐ右手にはクローゼットや金庫など収納スペース、書斎コーナーの下に冷蔵庫やミニバー(と言ってもコーヒーやお茶だけだけど)、カップなどあり。

夕食について

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンの秋のディナービュッフェ1
リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンの秋のディナービュッフェ2

リーベルホテルにした理由その2は、海を臨むテラスでいただける豊富なビュッフェメニュー。

Autumn Terrace 2021大収穫祭!旬の味覚と秋スイーツのディナーブッフェ

テラス営業はお天気次第のため、HPに営業状況がお知らせされています。
通常のテラス席以外にも、ソファーシートやハイビューシートの有料席があり、せっかくなのでハイビューシートを予約(ソファーシートは満席だった)。
大人は1人500円、小学生は300円、4歳以上の未就学児は200円、3歳以下は無料です。
が、照明が少なくテーブルのランタンが主な明かりになるため、肝心のお料理の写真がこのような状況に…

誰もが好きなお料理はもちろん、季節の食材が使われたワインに合う創作メニューやチーズも豊富で、ワインと合わせたい自分には(もちろん2時間2,000円の飲み放題もつけました)最高のラインナップ、とてもおいしくいただきました。
お子様メニューコーナーやデザートコーナーも充実していて、家族連れにもいいと思う。
テラスで食事をするのにちょうどいい季節、夜景も楽しめて、旅行気分を味わえました。

朝食について

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンのモーニングビュッフェ

朝食も夕食と同じレストランでいただきます。
目の前で焼いてくれるステーキや海老の串揚げにまぐろのやまかけ、サラダをもりもりと。

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンのモーニングビュッフェのサラダ用調味料

ビュッフェコーナーの写真を撮るのがなかなか難しくて、やっと撮れたのがサラダコーナーの調味料。
フレーバーオイルやヴィネガー、ヴィンコットにスーパーフードの珍しいトッピングと、こんなに充実したサラダバーは初めて。
サラダの野菜も10種以上はあったかと思います。
パンを焼くトースターは最近ホテルでよく見かけるバルミューダ。
朝食も夕食に負けず劣らずな豊富な品数で、思わず昼食を抜いてしまったぐらいたくさん食べてしまう。

朝食後はテラスでのんびりと。

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンの外観2
リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンの朝のテラス

トータルで大満足のホテルステイで、パークに行かなくても十分楽しめました。
これはまたぜひ泊りに行きたい。
おすすめのホテルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。